脂肪吸引について

戦後に比べて日本の経済は急成長を行いました。以前はご飯が少なく、お腹いっぱいにご飯を食べることができませんでした。
経済が急成長した現在では色々なところでご飯と食べることができます。賞味期限のきれた食品は即廃棄を行い、安心、安全な食品を選び食べることができます。
以前に比べて食べ物が豊かになった日本ですが、それによりメタボリックシンドロームや肥満といった症状に悩まされる方は少なくありません。

■脂肪について。
メタボリックシンドロームや肥満を引き起こす主な原因は脂肪です。
自身の体には、一日に消費できるカロリーが決まっています。この消費カロリーを、超えた食品の摂取によるエネルギーがその後脂肪となります。
脂肪となったエネルギーは体に貯まっていきます。この状態により脂肪がどんどん貯まり続けることを肥満と言います。

■脂肪吸引について
運動やダイエットを行うことにより、体内の温度が高まり、脂肪を燃焼し易い状態にします。これにより貯まった脂肪なくすことができます。
通常は運動やダイエットで脂肪をなくしていきます。しかし現在では脂肪吸引といった技術で脂肪をなくすことができます。
脂肪は、体内の細かい血管や複雑な神経のある皮下脂肪と呼ばれる部分と、血管や脂肪のないLFDと呼ばれる部分にあります。
脂肪吸引はこの2つの部分から脂肪を吸引します。脂肪吸引を行なった部分は脂肪が極端になくなるため部分痩せすることができます。

■脂肪吸引の方法
脂肪吸引にはさまざまな方法があります。また部分痩せを行う箇所により、脂肪吸引方法を分けなければなりません。
チューメセントと呼ばれる方法は薬品を食塩水でうすめた水溶液を、直接脂肪にいれて吸引する基本的な方法です。
ベイザーリボと呼ばれる方法は吸収を行う棒状のものの先から特殊な振動を発生させ、脂肪をとかして吸引する方法です。
他にもボディジェットと呼ばれる方法や、ウルトラゼット、シリンジ、ハイパーインフレート、エルコーニアレーザーと呼ばれる方法があります。
色々な方法を使って部分痩せを行うことができます。

オススメリンク

美容外科

美容外科の選び方

脂肪吸引手術や美容整形手術といった施術は人体に直接影響を及ぼすものです。そのため施術によるトラブルを…Read more
肉をつかむ

一定期間経過後

脂肪吸引手術の利用直後から、すぐに痩せる事ができると思っている人は少なくありません。しかし、細く美し…Read more
線が書いてある

アフターケア

脂肪吸引手術を行うことと同じくらい大事なことがあります。それは術後のケアです。脂肪吸引手術あとは圧迫…Read more
お腹

術後の症状

脂肪吸引を行うことは体に直接穴を開けます。この穴から脂肪を吸引する事になります。これにより、体内の血…Read more

関連リンク